保育方針

保育方針

保育理念

HEART TO HEART
~未来と笑顔と真心と~
子どもの感性を育てるためには4つの良い出逢いが大切と言われています。
1つ目は「良い本と出逢う事」、
2つ目は「良い絵画と出逢う事」、
3つ目は「良い音楽と出逢う事」、
最後にもう一つ!「良い先生と出逢う事」と言われています。
 
子どもたちの記憶に残る保育園、職員となるように保育を進めています。
保育理念

保育方針

人らしく生きるために

亀戸浅間保育園は、「HEART TO HEART」(誠意のある)を基に、温かくて愉快な保育園づくりを目指します。
保育方針

思いやりを培う

亀戸浅間保育園は「子どもたちの幸せを願い、感性を育てる」ために『子どもと大人』・『大人と大人』の相互の信頼関係を築き、1人1人の子どものが“豊かな心”と“生きる力”を培う≪共育≫(ともいく)を目指します。
思いやりを培う

保育目標

自発的に意欲のわく環境を提供し、選んだ活動は最後までやり遂げる大切さを導く。
生活の中に、四季折々の自然・事象へ興味・関心が持てるような環境構成をしていく。 全身を使って遊べるような(遊び)を提供し、戸外で思い思いに個人や集団、保育者と共に遊ぶ。
育っていく過程を正しく捉え、モンテッソーリ教育『生活・感覚・言語・数・他』の、教具を使用して子どもの発達や能力を啓発していく。
お問い合わせ
Top