亀戸浅間保育園の歴史

亀戸浅間保育園は昭和25年に亀戸7丁目に開設しました。児童増加の為、昭和54年に亀戸9丁目に園舎を移し現在に至っています。平成23年には園舎改築を行い、在園児や地域の子育て家庭の向けの活動を行っております。

特色ある保育

乳幼児期は子どもたちの想像力・集中力・感性を培うとても大切な時期。子どもの敏感期を大切にし、好奇心や興味を満たすことで達成感を味わえるように環境を整えています。子どもたちのもつ素晴らしい潜在能力を育てるため、「人とのつながり」をベースに五感を働かせ、たくさんの発見や感動に出会えるよう保育に取り組んでいます。
子どもの“いのち”が育つお手伝いを通して、個性や伸びゆく力が発揮できるよう願いを込め、1人1人の心の育ちを受けとめながら結果よりもプロセスを大切に活動を進めています。