秋の食材 ~きのこの紹介~

先日、秋の食材である“きのこ”の紹介をしました!

きのこを見た瞬間「マツタケだ!マツタケ!」と子ども達。
どうやら普段園で唄っている“くだもの列車”の歌詞にあるマツタケだと思っていたようです。
きのこには様々な種類がある事を伝え、しいたけ、しめじ、えりんぎ、えのき…と1つずつ紹介しながら名称を知らせていきました。
感触や匂いを嗅いでみると「プ二プにしているけど、固いね。」「くさい!」等、感じたままに感想を言い合う姿も。
匂いを嗅ぎ比べてみると「なんか違う匂いがする。」ときのこによって匂いが違う事にも気付く姿がありました。

 

 

 

 

 

 

 

ランチできのこのスパゲッティが出てくると、きのこを一つずつフォークですくいながら「これはしめじ!」「これはなんだっけ?」等と保育者に確認する子も!!
「きのこは嫌いだけど、えのきとしめじ食べてみるね!」と食材の紹介から「食べてみよう!」という気持ちも湧いてきたようです☆彡

 

 

秋の歌

「くだもの列車」の紹介♪

♪ 赤い 落ち葉を たきながら  くだもの列車がやってくる

 いも(いも)  くり(くり)  なし(なし)  かき(かき)

 ぶどう(ぶどう)  りんご(りんご)  まつたけ・まつたけ・まーつたけ  

 ポッ ポ~!!! ♪